彦坂盛秀

こんにちは、彦坂盛秀です。

≫彦坂盛秀のプロフィール


今回はメインメルマガの書き方の例と盛り込むべき5つの要素の教育編について、解説していきますね!

メインメルマガの書き方の例は下記の動画をご覧下さい↓

 

①興味を引く

②自己重要感を満たす

③データを提示する

④念を込める

⑤気付きを与える

⑥新しい知識を提供する

⑦理念を掲げる

彦坂盛秀彦坂盛秀

それでは1つずつ見て行きましょう。

①興味を引く

メルマガを書く上で、最も重要な要素が興味を引く事になります。そもそも興味のない情報を発信しても、気付かれなければ意味がないですからね。であれば、相手が興味や関心のある情報をお届けした方が良い訳です。

 

手品ショーで言えば、最初のスプーン曲げの様なものです。ここで興味を引く事が出来れば、手品ショーは最後まで見られる事になるでしょう。

 

ここで意識して欲しいのは、最初のインパクトです。最初のインパクトが強ければ強い程、あなたのメルマガは読まれる様になります。

 

私のメルマガ1通目は、かなりインパクトがあると評判が良いので、是非参考にされてみて下さい。

彦坂盛秀のメルマガ

 

 

②自己重要感を満たす

コンサルをしているクライアントさんのメルマガを添削していると、良くメルマガ読者さんの事をけなす様な書き方をしている方がいらっしゃいますが、読者さんをけなしてはいけません。

常に「自己重要感を満たす」様に意識して下さい。

そこで便利な言葉が、「私のメールを読んでいるあなたは大丈夫だと思いますが、」という言い回しです。

こうする事で、読者さんは傷つく事なく、あなたの主張を聞き入れる事が出来ます。この変は配慮の精神ですね。普段から配慮が出来る方であれば、問題ないですね!

また、下記記事では、自己重要感を満たす方法について解説していますので、チェックして下さいね!

自己重要感を満たす方法

 

 

③データを提示する

メルマガ読者さんは、特に最初の頃はあなたの発信を信じていません。この場合は、データを提示してあげると良いですね!

ニュース記事や統計、証拠画像等を出す事で、3つの壁「信じないの壁」を、簡単に乗り越える事が出来ます。「①の興味を引く」際にも、効果的に使う事が出来ますね!

データを提示する時は、メルマガの冒頭で提示すると良いですね。冒頭でNot Readの壁を越えれば、あとはスムーズにあなたのメルマガを読んでくれる事になりますので。

後は、あなたの経験からくるデータの提示はとても価値が高いです。なぜなら、そのデータはあなたしか提示できないデータだからです。

例えば、アンケートとかですね!メルマガ読者さんにアンケートを取って、それをまとめるだけでも立派なデータになりますからね。こういうのは、かなり価値が高いデータになります。

例えば、下記は購入者さんに対して取った購入理由についてまとめた記事です。参考にされてみて下さい。

集客力アップに役立つ!55人の購入者に購入理由をアンケート調査!事例から分かる結果とは!?

 

 

④念を込める

メルマガを書く上、最も重要な要素が「念を込める」というものです。念というのは、魂とか熱量みたいなものですね!

コンサルをしているクライアントさんのメルマガを添削していると、どうしてもキレイにキレイに書こうとする方がいますが、そこに熱量みたいなものが込められていないと、なんか響かない訳です。

しかしながら、この熱量をしっかりメルマガにしてあげると、その熱量って読者さんに伝わるんですよね。

お陰様で、私のメルマガは、「スゴイ熱量ですね!」という様な返信をよく頂きますので、良かったら参考にされてみて下さい。

彦坂盛秀のメルマガ

 

 

⑤気付きを与える

メルマガは教育ツールとして、便利な訳ですが、決して強制しない方が良いです。なぜなら、メルマガ発行者側から強制して行動したものって、読者さんからすれば、息苦しくて長続きしないからです。

ベターなのが、読者さんに気づいて貰う事です。過去の凝り固まった考え方にパラダイムシフトを起こして貰って、新しい気付きを感じて貰えれば、ついついメルマガに返信をしたくなりますし、価値を感じて貰い易い訳です。

例えば、有限資産と無限資産の話。「多くの人は有限資産である時間を提供して、無限資産であるお金を生み出している訳ですが、これでは人生がもったいないですよね?」と言った主張は、一般的な考え方の真逆を主張している訳です。この場合、読者さんの興味を引きながら、読者さんに新しい気付きを与えている訳です。

こんな感じで、一般的な意見と真逆を主張すると、興味を引きながら新しい気付きを与え易いですよ。上記の例え話については、下記記事を参考にされてみて下さい。

時間は有限、お金は無限!私が実践中のお金の簡単な増やし方!

 

最近話題になっているニュースからとかは、注目度も高く興味を引き易いですし、新しい気付き与え易いです。

他には、お金、美容・健康、コミュニケーション・恋愛、スピリチュアル的な話も、多くの方が興味を持つ分野です。こういった分野についても、経験談や体験談からあなたなりの価値を提供し、新しい気付きを与え易いので、積極的に取り入れてメルマガを書いてみて下さいね!

 

 

⑥新しい知識を提供する

新しい知識を与えて読者さんに賢くなって貰うと良いですね!新しい知識は、興味を引き易いですし、あなたがこれからオファーをする上では、必要不可欠です。

所謂、ダイレクトレスポンスマーケティングの「見込み客に教育する」の部分です。

問題提起から、新しい知識を与える事で、読者さんに気付きを与え、読者さんに賢くなって貰う事が出来る訳です。

ちなみに、ステップメールで、基礎基本となる知識については、共有しておくと良いですね。私の場合は、上記の様なダイレクトレスポンスマーケティングをいちいち解説するのは大変ですので、ステップメールの初期教育の中で入れています。

ちなみにこのステップメールについても、いちいち解説が面倒なので、初期教育の中にいれています。ステップメールについて、下記記事で解説していますので、チェックされてみて下さい。

テップメールとは?シナリオの作り方とおすすめの書き方テンプレート!

 

 

⑦理念を掲げる

理念を掲げる事は、どんな起業家や経営者にとっても大事な事ですね!つまり、「どんなモットーやコンセプトを持ってビジネスを展開しているのか?」の部分です。

そして、この理念を掲げる様になった過去のストーリーもしっかり語ってあげる必要があります。このストーリーが薄っぺらいと、あなたの掲げる理念は読者さんには響かないし、多くの人に伝播する事はないのです。

あなたの過去の最悪のストーリーから、理念が生まれるとより自然で響くものになり易いと思います。

是非、メルマガだけじゃなく、普段の情報発信からあなたの理念に一貫性を持たせた発信を心がけてみて下さい!

そしたら、あなたの理念に共感する仲間がどんどん引き寄せられて行きますよ。

ちなみに、私の理念は、下記のプロフィールに書いていますので、良かったらチェックされてみて下さい。

【プロフィール】彦坂盛秀のシゴトとライフスタイルと理念!

 

 

まとめ

メインメルマガの書き方の例と盛り込むべき7つの要素について、解説させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

 

①興味を引く

②自己重要感を満たす

③データを提示する

④念を込める

⑤気付きを与える

⑥新しい知識を提供する

⑦理念を掲げる

 

上記を意識しながら、是非メルマガを書いてみて下さいね!

お陰様で、メルマガを使った情報発信で、素晴らしい成果を出している仲間が続出しています。詳しくは、下記の無料オンラインサロンでシェアしていますので、参加してみて下さいね!

続きはリッチライフクリエイトサロンで

 

彦坂盛秀

 

気付きや感想をお気軽にどうぞ!(投稿時に「Facebookにも投稿」にチェックを入れてくれると嬉しいです!!)

コメント