彦坂盛秀

こんにちは、彦坂盛秀です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

「メルマガが読まれない!」とお困りじゃないですか?そんなあなたの為に、メルマガが読まれる様になる方法をお教えしてきますね!

 

ポイントはメルマガを書くのではなく、メールを書く事だったのです!!読まれるメルマガを書く為の書き方のコツを、分かりやすく解説していきますね!

 

◆動画と一緒に見るとより理解が深まりますよ◆

 

メルマガは読まれないがメールは読まれる!?

mail-magazine-template

 

メルマガは読まれないですが、メールは読まれるのをご存知でしょうか?あなたもメルマガは読まないけど、家族や友達からメールが来たら読むじゃないですか?

 

まさに、最近のメルマガ事情もこれと同じなんですよね。メルマガスタイルが稼げなくなって、メールスタイルがとても稼ぎ易い訳です。

 

変にアフィリエイト歴が長い人程、メルマガスタイルで配信しちゃっている人が多い印象ですね。メルマガスタイルの人は、顕著に収入が下がっている印象ですが、あなたは大丈夫ですか?

 

昔のメルマガの先入観がどうしても拭い去れず、メルマガスタイルに慣れちゃっているんですよね。具体的には下記の通りです。

(NGな例) デコデコ、絵文字が多い、配信No.1~、アフィリリンクが多い、長い etc…

 

こういうのメルマガスタイルは、昔は流行りましたが、今は全くウケません。。メルマガではなく、友人にメールをするつもりで書きましょう。これが、読まれるメルマガを書くコツです!

 

 

『読まれないメルマガの特徴』と『読まれるメールの書き方のコツ』

『読まれないメルマガの特徴』と『読まれるメールの書き方コツ』についてです!『読まれないメルマガの特徴』と『読まれるメールの書き方のコツ』を押さえる事で、読まれないメルマガから読めれるメールへと返信させる事が出来る様になりますよ!

読まれないメルマガの特徴

  1. 多数向けに配信
  2. 当事者意識が低い
  3. 臨場感がない
  4. 皆さん
  5. URLが多い

1つずつ見ていきましょう!

1.多数向けに配信

既存のメルマガスタイルでは、多くの人に対して、当たり障りのない文章で書くスタイルが多かったのでは無いでしょうか。イメージとしては、不特定多数の人に対して書くというイメージです。これでは、読む方も当然もつまらない訳です。

2.当事者意識が低い

不特定多数の人にメルマガを配信している訳ですので、メルマガ読者さんも当然、当事者意識が低い訳です。みんなに来ているメルマガが、まさか自分にメールが来ているとは思いませんからね。。

3.臨場感がない

だから、臨場感なんかある訳ないですよね?だって、自分にメールが来ている訳ではありませんからね。。

4.皆さん

その証拠に、あなたのメールボックスを見て、昔のメルマガスタイルのメルマガの中身を覗いてみて下さい。きっと、「皆さん、こんにちは!」から始まっていると思いますので。どう考えてもあなたへのメールではない訳です。あなたではなく、皆さんへのメルマガなのです。

5.URLが多い

さらに特徴的なのが、URL多くないですか?どっかの企業の広告メールみたいですよね?やっぱり、あなたへのメールではない事が、これでお分かり頂けたでしょうか?この昔ながらのメルマガスタイルでは、読まれないのです。

 

読まれるメールの書き方のコツ

  1. 個人に向けて配信
  2. 当事者意識がある
  3. 臨場感がある
  4. あなた
  5. URLは1つ

1つずつ見ていきましょう!

1.個人に向けて配信

読まれるメールのコツは、あなた個人に向けてメルマガを配信する事です。不特定多数の人ではなく、あなたへメールを送るのです。あなた個人にメールを送る時に大事なのが、ペルソナの設定ですね!

 

ペルソナというのは、『あなたの理想のお客さん像』の事。あなたというペルソナに向けて、メールを送るという意識で書くと読まれるメルマガになりますよ。ペルソナについては、下の記事に詳しく書きましたのでチェックしてみて下さい。

ペルソナ設定とは?テンプレート具体例!ターゲットを絞るとの違いとは?

 

ポイント

もちろん、あなたというペルソナにメールを書いている訳ですが、実際は1000人とか10000人に同じメールを送っています。メルマガ配信スタンドは使って、複数人に送っています。

実際には複数人に送るのですが、「あなたという1人にメールを書く」つもりで、書いていきましょう!

 

2.当事者意識がある

読まれるメールは、当然、あなたに書いていますので、私はもちろん、あなたにも当事者意識があるはずです。ここで、当事者意識を持って貰うコツとしては、ペルソナに響くテーマペルソナに響くストーリーを使って書いてあげるという事です。

 

ペルソナに響くストーリーについては、下の記事に詳しく書きましたのでチェックしてみて下さい。

自分の転機をストーリー化して禁断の果実として魅せて訴求する方法

 

3.臨場感がある

あなたに対して、あなたに響くテーマで、あなたに響くストーリーを使って書いていますので、当然、臨場感がある訳です。

 

私も、毎日の様に「面白くて、スラスラ読めちゃいました!」「いつも、ハッと気付かされる様な為になるメールをありがとうございます!」という様な感想を頂けますが、あなたというペルソナに響くメールを書ける様になれば、こういったメールの返信を沢山貰える様になりますよ!

メルマガでメールの返信を貰う書き方のコツと例!

 

4.あなた

読まれるメールを書く為には、皆さんではなく『あなた』という言葉を使う様にしましょう。メルマガなら、メルマガ登録時に名前を取得出来ますので、名前を取得しているのであれば、『●●さん』と名前を頻繁に読んであげると良いですね!!これなら、確実にあなたにメールを書いていると分かるはずです。

 

補足ですが、『~という方は』という言葉を良く使ってしまっている方がいますが、これではあなたに書いている感じが全くしませんよね?そうではなく、『~という場合は』に変えて使っていきましょう!

 

しっかりペルソナに向けてメールを書く癖がついていれば、『~という方は』という言葉は、絶対に使わないはずです。今一度、ペルソナ設定を見つめ直して下さい。

ペルソナ設定とは?テンプレート具体例!ターゲットを絞るとの違いとは?

 

5.URLは1つ

読まれるメールを書くコツとしては、メール内にURLを出来るだけ、複数使わないという事です。出来ればメールの最後に1つだけ置くのがベストですね!メールの途中で、URLをペタペタ貼ってしまうと、当然ですが、メルマガの離脱率が高くなってしまいますから。

 

URLを貼る場合は、メールの最後に1つと覚えておいて下さい。下の記事に詳しく書きましたのでチェックしてみて下さい。

メルマガを最後まで読んで貰う為にはURLを最後に1つ置くのがベストな理由!

 

 

まとめ

昔ながらのメルマガスタイルは読まれない」が、「あなたへのメールは読まれる」という事について、書き方のコツを解説して来ましたが、いかがだったでしょうか?

 

変にメルマガ歴が長い場合は、下記の様なメルマガの概念を捨て去りましょう!

(NGな例) デコデコ、絵文字が多い、配信No.1~、アフィリリンクが多い、長い etc…

 

そして、あなたの理想のお客さん像であるペルソナを設定し、下記の5つのコツを押さえながら、ペルソナが響く様なテーマで、ペルソナが響く様なストーリーを使って書いていきましょう!

  1. 個人に向けて配信
  2. 当事者意識がある
  3. 臨場感がある
  4. あなた
  5. URLは1つ

 

こうする事で、「読まれないメルマガ」から「読まれるメール」に、生まれ変わる事が出来ますよ!試してみて下さい。

 

お陰様で、読まれるメールを書ける様になった事で、沢山の仲間た素晴らしい成果を出していますよ!もし、あなたが「読まれるメール」を書ける様になって、素晴らしい成果を出したい場合は、下記のリッチライフメール講座7Daysに参加されて下さい。

続きは、リッチライフクリエイト講座7Daysで!

 

彦坂盛秀

 

気付きや感想をお気軽にどうぞ!(投稿時に「Facebookにも投稿」にチェックを入れてくれると嬉しいです!!)

コメント