彦坂盛秀

こんにちは、彦坂盛秀です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

DRMをご存じですか?

DRM

ダイレクトレスポンスマーケティングとは

科学的な広告原理に基づいた効率的な販売方法の事です。

 

 

簡単に説明すれば、無料のプレゼントをばら撒き

それに反応した見込み客に対してマーケティングを行っていく手法です。

 

街中でポケットティッシュをバラ撒いていますが

あれが典型的な例ですね!

 

ポケットテッシュに入っている広告を見て

電話を貰ったり来店して反応して貰う事で販売までの流れを作っています。

 

ちなみにレスポンスというのは、反応という意味です。

 

DRMは3つの構成で成り立っている

DRMは3つの構成で成り立っています。

 

・集客

・教育

・販売

 

この3つですね。

 

集客

集客は、これから販売しようとしている商品に関係のあるものを

無料プレゼントという形でばら撒きます。

 

つまり、無料プレゼントをする事で

商品に興味ある潜在的見込み客を集客しているという事です。

 

この時に、見込み客情報を取る必要があります。

 

・電話番号

・名前

・住所

・メールアドレス

 

が一般的ですが

ウェブマーケティングでは、「メールアドレス」

出来れば、「名前」まで獲得するのがいいですね。

 

「メールアドレス」と「名前」を入力してくれたら

プレゼントを渡すという形です。

 

これは、メルマガのシステムを使えば

簡単にプレゼントを渡す事が出来ます。

 

 教育

 教育は、電話(DM)や訪問、メールなどで行っていきます。

 

Web上で効率的なのはメールですね。

 

潜在的な見込み客に対して

商品の購入の必要性を教育していきます。

 

見込み客の潜在的な問題点を認識して貰い

問題点を解決する必要性を感じて貰い

最終的に問題点を解決したいと思って貰える様に教育します。

 

そして、見込み客の問題点を解決する為に

必要なツールがある事を伝えます。

 

この頃には見込み客は、

とにかく問題点を解決したくてたまらない状態にあるのです。

 

販売

そして、販売です。

 

この時点では、見込み客は

その商品が欲しくて欲しくてたまらない状態にあります。

 

緊急性、限定性、さらには希少性を演出すると

さらに購買意欲を高める事が出来ます。

 

DRMはメルマガと相性抜群

DRMはウェブと相性が良く

さらには、メルマガとの相性は抜群です。

 

電話営業の様にわざわざ1人1人とコンタクトを取ること無く

1通のメールで1000人とか10000人に情報を届ける事が出来るのです。

 

「DRM」×「メルマガ」は最強のマーケティング手法なのです。

 

彦坂盛秀