彦坂盛秀

こんにちは、彦坂盛秀です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

メルマガを使ったマーケティングで戦略を組む上で、大失敗しない方法をご存知でしょうか?あなたがこれからマーケティングを行うのであれば、必ずこの記事を見ておく事をオススメします。

 

「マーケティングをやったら大失敗!!」なんて事にならない様に、分かりやすく7つのポイントにまとめました!この7つのポイントを押さえる事で、あなたのマーケティングは素晴らしい成功を収める事になるでしょう。詳しく解説していきますね!

 

動画で紹介していた記事

 

マーケティングする前にチェックする7つのポイント

あなたが、これからマーケティングを行うのであれば、その前にこの7つのポイントを必ずチェックする様にされて下さい。

 

1.ターゲティング

2.魅力あるオファー

3.理由

4.希少性

5.証拠

6.焦点

7.熱意

 

それでは、1つずつ見て行きましょう。

1.ターゲティング

まずは、ターゲティングをしましょう!ターゲティングとは、あなたが販売しようとしている商品が誰の為に必要な商品なのか、具体的に設定するという事です。

 

そして、ターゲティングをする為には、ペルソナの設定が不可欠です。ペルソナとは、あなたの『理想のお客さん像』の事です。理想のお客さん像を設定する事で、あなたは具体的な発信をする事が出来る様になります。

 

より多くの人にウケようとするのではなく、ペルソナを設定し、ペルソナに対してより具体的な情報発信をする事で、あなたのターゲット層に対してオファーが突き刺さる様なっていきますよ!

 

ペルソナの設定については、下の記事に詳しく書きましたのでチェックしてみて下さい。

ペルソナ設定とは?テンプレート具体例!ターゲットを絞るとの違いとは?

2.魅力あるオファー

断わり様がない魅力的で、圧倒的なオファーをしましょう!

【例】2万円の教材なのに、10万円稼げなかったら3万円の返金保証します!

 

いかがでしょうか?断り様がなくないですか?どう考えてもお特じゃないですか?もちろんこれは一例ですが、こういった魅力あるオファーをしましょう。

 

ちなみに、今回の事例で、「1万円損したらどうしょう!」と思われたかもしれませんね!しかし、ちゃんと中身のあるコンテンツを提供してあげれば、日本という常識的な国であれば、返金を要求される確率はかなり低いです。その分、売上が上がる可能性の方が高いのでご安心下さい。

 

大事なポイントは、最悪な状況最高の状況がいずれにしてもプラスになるという所です。今回の事例で、詳しく解説していきますね!

 

最悪な状況

最悪な状況は、購入しても全く稼げないという状況。しかしながら、全く稼げなかったとしても、3万円の返金があるなら、全くリスクがない。むしろ2万円払って、1万円戻って来る訳なので、プラスでしか無い。

 

最高の状況

2万円払って、10万円稼げてしまう。プラスでしかない。

 

いかがでしょうか?最悪な状況でも、最高な状況でも、プラスでしかないですよね?こういった魅力的なオファーをしましょう!

 

訴求率の高まる魅力的なオファーをする方法は、GDTの法則を使うと分かり易いですよ!

 

オファーの中に「GDTの法則」を盛り込むという事です。GDTの法則とは、目標を設定し、欲望を掻き立て、最後に煽るという一連の流れの事です。GDTの法則については、下の記事に詳しく書きましたのでチェックしてみて下さい。

GDTの法則で訴求率を高める方法

3.理由

あなたが、オファーするなら、なぜそのオファーをするのか、理由が必要です。

 

 ・なぜ、このオファー

 ・なぜ、あなたなのか?

 ・なぜ、この値段なのか?

 ・なぜ、限定なのか?

 

これらには全て理由が必要です。意外とこの理由をないがしろにしている人が多いのではないでしょうか?一度、あなたのマーケティングの中で、上記の4つの理由がしっかり入っているか確認されてみて下さい。

 

例えば、あなたがコンビニで1枚だけコピーをしたいとしましょう。しかしコピー機の前には、あなたの前に1人、大量の資料を持って並んでいる人がいます。

 

この時に、「先にコピーを取らせて下さい!」と言うよりは、「ちょっと急いでまして、1枚だけですので、先にコピーを取らせて頂けませんか?」と言った方が、あなたのオファーは受け入れられ易いのです。

 

理由があるだけで、何か納得してしまうというのが、人の心情なのです。

 

4.希少性

希少性を演出して下さい。

 

 ・数量限定

 ・期間限定

 ・特典の限定 

 

オファーをする場合は、緊急性、限定性、希少性の演出すると売れ易くなります。そして、それにはもちろん理由を付けて下さい!!

 

例えば、あなたがコンサルを販売したとしましょう。この場合、どう考えても物理的にサポートの限界がありますので、人数を絞る必要性が出てくるはずです。

 

また、募集期間を限定する場合、「申込みが増えてしまっていますので、いついつまでに募集を締め切りさせて頂きます!」みたいな感じで言ったらよいですね!

 

期間を限定する場合は、こんな感じでカウントダウンタイマーをつければ大丈夫です。

 

 

ちなみにカウントダウンタイマーは、下記のLP作成ツールのカラフルに備え付けになっており、簡単に設置出来ますので、是非試してみて下さいね!

LPランディングページ作成ツールカラフル最強7大購入特典と評判をレビュー!

 

5.証拠

やはり、証拠がないと説得力がありません。

 

 ・証拠画像

 ・データ

 ・統計

 

こういうのをキャプチャー画像や映像で出してあげるだけで説得力が増します。証拠画像は、キャプチャして、保存する癖をつけていきましょう!

 

ブログ記事とかに、アップして記事にしておけば、証拠画像がなくなる事もないですし、読者さんからすれば、嬉しいコンテンツになりますよね!

 

マーケティングを行っていくのであれば、最初にこの証拠画像やデータ、統計などを提示しておくと、読者さんからも早い段階で信頼して頂く事が出来て、その後のマーケティングがスムーズになり易いですよ!

6.焦点

マーケティングをする上で、あなたが言っている事の焦点をブラさない様に情報発信していきましょう。

 

マーケティング用語で、3つのONEというがあり、ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカムを意味します。

 

これは、1つのマーケットの中で、1つのメッセージを伝えて、1つの出口を用意するという意味です。

 

1つのマーケティングで、色々なメッセージや複数の出口を用意すると、読者さんは必ず迷います。1つに焦点を当てる事を心掛けましょう!

 

7.熱意

マーケティングにあなたの熱意を込めましょう!熱意は伝染します。

 

 ・本気度を魅せる

 ・感情を込める

 ・あなたの経験や体験で得られた効果を提示する

 

オファーを行う前の段階から、あなたの本気度を魅せつけてあげて下さい。本気の熱意が伝われば、きっと読者さんも、あなたの声に耳を傾けてくれますよ!

 

 

まとめ

マーケティング戦略で大失敗しない7つのポイントについて、事例を交えて解説させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

1.ターゲティング

2.魅力あるオファー

3.理由

4.希少性

5.証拠

6.焦点

7.熱意

 

これら7つのポイントを押さえた上で、マーケティングに挑めば、きっと成功するはずですよ!是非、試してみて下さい。

 

お陰様で、マーケティングを成功して素晴らしい成果を出す仲間が続出していますよ。

続きは、リッチライフクリエイト講座7Daysで!

 

彦坂盛秀

 

気付きや感想をお気軽にどうぞ!(投稿時に「Facebookにも投稿」にチェックを入れてくれると嬉しいです!!)

コメント