OATH

彦坂盛秀

こんにちは、彦坂盛秀です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

OATHの法則でターゲットを絞ってますか?

 

OATHの法則とは、顧客の問題意識レベルを

4つの属性に分けで分かりやすく表現したものです。

 

 

この問題意識レベルによって

マーケティングのアプローチを変えていくと

アプローチからクロージングまでスムーズにいきます。

 

OATHは4つの問題意識レベルの頭文字

OATHは4つの問題意識レベルの頭文字です。

 

O(Oblivious):無知、問題を認識していない状態
A(Apathetic):無関心、気が付いているけど興味がない
T(Thinking):気が付いていて考えている
H(Hurting):今すぐ解決したい

 

この中で、O(Oblivious):無知の属性ほど教育が必要で

下のH(Hurting):今すぐ解決したい属性に近づくにつれて

売れやすくなっていくのです。

 

ですので、クロージングするまでに

いかに、H(Hurting):今すぐ解決したい属性になるまで

教育していくかが肝になってくるのです。

 

もちろん、H(Hurting):今すぐ解決したい属性には

教育0でサクッと売れますので

最初っからH(Hurting):今すぐ解決したいをターゲットに

マーケティングを組むのもありですね。

 

では、1つずつ見て行きましょう。

 

O(Oblivious):無知、問題を認識していない状態

 O(Oblivious)とは、問題を認識していない状態の事です。

 

『副業をしていない事への問題』について

例を出していきましょう。

 

この属性は副業が必要であるという事を

認識していない状態です。

 

むしろ、副業という手段がある事すら

知らない属性という事ですね。

 

この属性に副業で稼ぐ方法を販売しても売れません。

 

この属性には、まず副業という手段があるという事を

認識をさせるところから教育していく必要性があります。

 

例えば、

「インフレ、減給、ボーナスカットと嘆いている人が多い中で

 会社にバレずにこっそり副業でウハウハ稼いでいる人がいるのをご存知ですか?

 

 出来る人ほど、こっそり副業をしているものです。

 

 もしかしたら、あなたのデスクの隣の人も

 副業で稼いでいるかもしれませんよ。」

 

と、こんな感じですね。

 

副業していない方が危険という事を

認識して貰うのです。

 

A(Apathetic):無関心

問題に気が付いているけど興味がない状態です。

 

例えば、本業の給料が厳しく

副業の必要性に気が付いているが面倒臭いし興味が無い。

 

この属性には、興味を引く為に副業の魅力を伝えたり、

現状維持の危険性を教えてあげればOKです。

 

T(Thinking):考えている

問題を認識していて考えている状態です。

 

副業の必要性を感じていて、実際にやってみたいと思っている状態です。

 

やろうとは思っているのですが

実際に何をしていいか分からない状態ですね。

 

このターゲット層には、

具体的なノウハウを提供してあげればOKです。

 

H(Hurting):今すぐ解決したい

 今すぐ解決したい属性です。

 

 今すぐ副業をしてお金が欲しいという状態です。

 

この場合、すぐに問題を解決出来る商品を提案するだけで

簡単に販売する事が出来ます。

 

どの層にターゲットを絞る?

コンセプトメイキングをする時は

どの層にターゲットを絞るのかをはっきり決めといた方がいいです。

 

例えば、投資系やアダルト系は

H(Hurting):今すぐ解決したい属性が多かったりします。

 

今すぐその情報が欲しい!

って奴ですね。

 

取り扱うコンセプトだけでも

ターゲット層を絞る事が出来るのです。

 

セールスレターがなぜ長いのか?

ちなみに、1枚ページのセールスレターがなぜ長いのか?

ご存じですか?

 

それは、OATHのターゲット層の

どのタイプにも売れる様に作られているからです。

 

O(Oblivious):無知属性やA(Apathetic):無関心属性にも

売れる様に長く作られているのですね。

 

あなたはどのターゲット層にアプローチしますか?

 

彦坂盛秀