彦坂盛秀

こんにちは、彦坂盛秀です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

今回は、マズローの欲求5段階説をマーケティング目線で動画と図解で分かりやすく解説していきます。最後までお楽しみ下さい。

 

▼動画と一緒に見るとより理解が深まります▼

続きは無料オンラインサロンで!

 

マズローの欲求5段階説とは?

マズローの欲求5段階説とは、アメリカのアブラハム・マズローという心理学者が提唱した人間の欲求を5段階に分けたものです。

 

maslow

 

図で見るとプラミッド型をしていて、一番下の「生理的欲求」という低次の欲求から1つずつ上の階層の高次の欲求を満たしたくなるという理論です。

 

マズローは後に、「自己実現欲求」の上に、さらに6番目の欲求の「自己超越欲求」という階層を付け足しています。では、1つずつ具体的に見て行きましょう。

 

1段階目:生理的欲求

生理的欲求とは、食べたい寝たいやりたいという人が生きる為に必要な本能的なものです。

マズローの欲求5段階説の中では、最も低次元な欲求になります。動物が本来持っている本能で、これらが満たされれば、次の階層の安全欲求にを満たしたくなります。

マーケティング目線で見た場合、ペルソナやターゲット層をこの「生理的欲求」を満たしたい層をにしてしまうと、質が悪くクレーマー層が引き寄せてしまうので、避ける様にしましょう。

所得も低い層になりますので、そもそもビジネスになりませんので、要注意です。

参考:ペルソナ設定とは?テンプレート具体例!ターゲットを絞るとの違いとは?

 

2段階目:安全欲求

安全欲求とは、住む家などの暮らしの事や健康の事です。生命が脅かされている状態では、高次の事を考える余裕なんてない訳です。

そんな事より、まず安全を確保する必要があるからですね。当然、生きる事の方が優先度は高いのです。これらが満たされたら、次の社会的欲求が欲しくなります。

マーケティング目線で見たら、こちらの「安全欲求」を満たしたいと思いっている層もペルソナやターゲットにしない方が良いです。そもそも安全な家がなかったり、健康状態が良くなければ、ビジネスにはなり様がないですからね。

但し、健康系の商品を紹介する場合は、ペルソナやターゲットになり得ます。

 

3段階目:社会的欲求

社会的欲求とは、仲間が欲しくなったり、集団やコミュニティに属したいという欲求の事です。

サラリーマンなんかとても上手い集団コミュニティを作っていますよね?何とか生活できるか出来ないかレベルの給料を与えといて、集団に帰属させているのですから。ただ、その集団に危険を感じた時に、脱サラするという選択肢もありますけどね。

私のターゲット層は、この「社会的欲求」の階層です。ある程度、住む家まで満たされていて、現状に不満を持っている属性に対してターゲットにして、次の欲求のステージに行くためのコミュニティーを運営しています。

インターネットで言えば、自分のメディアを持ったり、コミュニティを作ったりすると良いですね。情報発信をするのであれば、このステージをペルソナやターゲットにして、情報発信していく事になりますね。

属性としては、やっぱりまともな人が多いですね。マナーもちゃんとありますしね。こういう自己成長意欲が高く、マナーがしっかりしている方は、引き上げて上げ易い印象ですね。

 

4段階目:尊厳欲求(承認欲求)

尊厳欲求とは、認められたい、尊敬されたいという欲求ですね自分が何か達成した事に対して、誰かがそれを評価してくれたり、賞賛してくれる事ですね。

ちなみに私は会社員時代、いつも周りからは認められ尊敬されていましたが、役員関係からはそう見られてなかった様です。

業績だけ良くて、汗をかいてないのが原因だったのでしょう。まあ、こういう価値判断しか出来ない人もいますが、そういう人は放っときましょう。私は人一倍、頭の汗をかいていたのです。

この尊厳欲求が満たされれた人間のみ自己実現欲求という高次のステージにいけます。

 

5段階目:自己実現欲求

自己実現欲求とは、こういう自分になりたい、こんなライフスタイルを送りたいというものを実際に実現していくステージです。

この自己実現欲求を満たす事が出来れば、豊かな人生を送る事が出来ます。私の場合、メルマガで情報発信して、お金、場所、時間、人間関係に縛れれる事なく自由な生き方を体現出来ていますので、現在は自己実現欲求を満たすステージにいると思っています。

マーケティング目線でみれば、ペルソナやターゲットをここに設定したい場合は、ある程度高額でレベルの高いコミュニティにすると良いですね!私で言えば、猛禽倶楽部という上位コミュニティを運営していますが、ある条件を満たした方しか入れない様にマーケティングファネルを作っています。

こんな感じで、自己実現欲求を満たしたい方の為のコミュニティは、入るのも困難な状況を作るとより良いですね!ここが満たされれば、次のステージです。

 

6段階目: 自己超越欲求

自己超越欲求とは、なんの見返りも持たず、ただ人生のミッションを達成する為に没頭する事です。お金や時間や地位や名誉は全て満たし、自己実現欲求を満たした上のステージになります。

お金も全て満たされた上で人生の全てを捧げてでも没頭したいもです。本当の人生のミッションを見つける為には、5段階まで満たした自分を強くイメージする事で見出す事が出来ます。

定期的に寄付をしたり、社会貢献したりと、なんの見返りも求めずに、人生を掛けてやりたい事が、自己超越欲求になります。

 

まとめ

マズローの欲求5段階説をマーケティング目線で動画と図解で分かりやすく解説させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

これらのマズローの欲求5段階説を踏まえた上で、あなたはどんな人をペルソナにして、どの階層のターゲット層に対してアプローチしていくのかを意識していくと良いですね!

より低次元の階層程、質の悪いお客さんが多く、より高次元の階層程、数は少ないが高単価なビジネスが展開できます。

参考にされてみて下さい。

また、現在、このマズローの欲求5段階説を意識してコミュニティ運営で成功しているクライアントさんが沢山います。まずは、下記の無料オンラインサロンにご参加下さい。

続きはリッチライフクリエイトサロンで!

 

彦坂盛秀

 

 

気付きや感想をお気軽にどうぞ!(投稿時に「Facebookにも投稿」にチェックを入れてくれると嬉しいです!!)

コメント