彦坂盛秀

こんにちは、彦坂です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

世間はGWも終わり、もしかしたら憂鬱で「会社に行きたくない!」なんて思っているのではないでしょうか?

 

そんなタイミングで、「会社に行きたくない!」原因と対処法と今後の働き方について、一緒に真剣に考えてみませんか?

 

会社(仕事)に行きたくない原因は?

 

そもそも、会社に行きたくない原因は、そもそも会社が嫌いだからですね。例えば、プロのサッカー選手が「あーサッカー行きたくないな~」とか、あんまりならないと思うんですよ。なぜなら、彼らプロサッカー選手は、サッカーが大好きだから。

 

もちろん、会社自体は好きなんだけど、人間関係が嫌とか面倒くさいって原因もあるかもしれません。私も、サラリーマン時代は上司との人間関係のせいで、仕事に支障が出た事も多々ありましたので、あなたの気持もわかります。

 

仕事量の割には給料が少ないと思っているかもしれません。こんなに一生懸命働いても、「報われない!!」様な給料かもしれませんね。私自身、いつもトップセールスでしたが、それに見合った給料を貰っていませんでしたから。

 

拘束時間が長いってのもありますね。。サービス残業は当たり前で、強制休日出社も強いられていましたから。

 

いやいや、そもそも通勤が面倒臭いって原因もありますよね!当時、満員電車で往復4時間の通勤を強いられていたので分かります。

 

 

そもそも会社員という働き方が向いていないのかも?

 

一度、真剣に考えてみて下さい。もしかしたら、そもそも会社員(サラリーマン)が向いていないのかも?ってね。

 

決められた時間に、決められた場所に出向いて、与えられた仕事を、与えられた時間でこなし、

決められた僅かな給料を貰って、週末やGW、夏休み、冬休みだけを楽しみに働く生き方。

 

みんな同じような給料で、同じようなタイミングでの休みで、同じような地域に、同じような家を借り、同じような物を食べて、同じような服を着て、同じ様な易い居酒屋で、同じ様な愚痴を言い合い、。。。

 

もしかしたら、あなたにはそんな生き方は、向いていないのかもしれません。

 

 

会社で効率的な働き方を実践してみた結果。。

私は不動産売買の営業マンとしてサラリーマンを10年間やりましたが、当時から色んなビジネス書や自己啓発本を読んだりして、ビジネス思考を高めていました。

 

その結果、「自分の時給を上げる」事を考えたり、「いかに短時間で、いかに最大限の成果を出すか?」という発想が、脳内に植え付けられていきました。お陰さまで、会社でも効率的な仕事ぶりに繋がり、営業成績でいつもトップセールスを記録する様になりました。しかも、誰よりも働かずに(笑

 

自分が大して働かなくても、自分の周りの人間関係やインフラを仕組み化する事で、最大限の業績を出す事が出来る様になっていたのです。

 

その効率的な働き方で営業成績が良いものですから、次第に周りからもスーパースターの様な目で見られる様になりました。しかしながら、本社は私の超効率化された働き方を認めませんでした。

 

「彦坂よ、もっと汗を掛け!」

 

 

狭い檻の中で、手足を鎖に繋がれた状態

いつもトップの業績にも関わらず、その超効率化された働きぶりが、本社の方々からすると鼻についたのでしょう。後輩社員の非お手本だと思ったのかもしれません。

 

全社員の中で、業績トップを獲っても理不尽なボーナスカットや、地方への左遷で満員電車で往復4時間の通勤を強いられたりと、次第に働き辛くなっていきました。

 

ちなみに、私は上司に媚びないタイプです。働いている事を、一生懸命アピールするタイプでもないです。こういうタイプって、社会では結構、損するタイプです。

 

上司に媚びて、働いている感をアピールした方が、普通の業績でもよっぽど会社には評価されますからね。でも、私はそれが苦手だし、面倒でやりたくなかったのです。

 

 

辞表を叩きつけてみた!

 

新卒からなんとなく決められたレールに乗っかって、10年間サラリーマンをやってみましたが、自分の性格上この働き方があまり向いてない事を悟りました。

 

そんな時に、Facebookでこんな記事を発見しました。

『今すぐ夢を行動に移せば成功する確率は39%、経済的な安定を優先すれば、その確率は0.08%』

 

この記事を読んだ瞬間に、10年間のサラリーマン生活に、ピリオドを打つ決断をしました。年収も833万円あった会社でしたが、思い切って辞表を叩きつけにいきました。

 

2児のパパで、会社を辞める決断までかなりの時間を要しましたが、2〜3年は暮らせる様に、貯金をしっかりしていたのが大きかったです。

 

 

ハイパーボヘミアンという新しい働き方

 

新たに見つけた働き方が、ハイパーボヘミアンという新しい働き方。

 

いや、当時はこんな言葉は知らなかったのですが、最近、自分の生き方がハイパーボヘミアンというワードがしっくりくるなって思ってこんな風に呼んでいます。

 

私の言うボヘミアンというのは、「自由な旅人」みたいなイメージです。昔は旅人って貧乏のイメージがあるかもしれませんが、私の言うハイパーボヘミアンは違います。

 

Webツールを使ってお金を稼ぐ仕組みを作ったり、レバレッジを効かせた働き方で、短い労働時間でもハイパーな収入を得る事を提唱しています。

 

ハイパーボヘミアンは、世間では年収500万円を提唱していますが、私の言うハイパーボヘミアンは、年収3000〜1億円以上を提唱しています。

 

そして、圧倒的な自由時間を、自分の趣味や旅に費やす事が出来る、いやむしろ、趣味や旅がメインの職業と言っても良いですね!!

 

自由で優雅な旅人、ハイパーボヘミアンという働き方!!いい響きですね!

 

 

いかに短時間で圧倒的な成果を出すか?がハマった生き方

ハイパーボヘミアンという働き方は、「いかに短時間で圧倒的な成果を出すか?」という自分の思考がバッチリハマった生き方でした。

 

ちなみに、短時間で圧倒的な稼ぎ方の動画を収録したので、良かったら見てみて下さい。

248人にメルマガを送信してみたら、、「週4時間」だけ働く。ハイパーボヘミアンな働き方を動画公開!

 

こんな感じで、好きな時にいくらでもマネタイズ出来ますし、1度仕組みを作ってしまえば、毎月安定的な収入を手に入れる事も出来ます。

 

Webツールを使って自動化の仕組みを作っているので、自分の時間もたっぷりと増えて、毎日が自由過ぎて、最高に心地良いです。本当の自分の人生を取り戻した感覚です。

 

 

最後に

「GW明けは憂鬱で会社(仕事)に行きたくない!働き方について考えてみた!」について書いてみましたがいかがだったでしょうか?

 

私自身も10年間というサラリーマン生活を経て、なかなか脱サラするという決断が出来なかったのですが、『今すぐ夢を行動に移せば成功する確率は39%、経済的な安定を優先すれば、その確率は0.08%』の記事を見て、脱サラを決断出来て本当に良かったなって思っています。

 

もちろん、すぐにこんなライフスタイルを手に入れた訳ではないですが、しっかりと正しい流れで仕組みを作っていけば、誰でもハイパーボヘミアンという生き方が出来る様になります。

 

お陰様で、私の生き方に共感してくれた仲間が、ハイパーボヘミアンとして沢山の実績を出してくれています。あなたも、今の働き方を、一度見つめ直してみてはいかがでしょうか?

 

もし、こんな働き方に少しでも興味があれば、私の無料オンラインサロンに参加してみて下さい。まずはここからです。

続きはリッチライフクリエイトサロンで!

 

それでは!

 

 

彦坂盛秀

気付きや感想をお気軽にどうぞ!(投稿時に「Facebookにも投稿」にチェックを入れてくれると嬉しいです!!)

コメント