彦坂盛秀

こんにちは、彦坂です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

徹

VimeoとYoutubeはどうやって使い分けていますか?

といった質問を、度々クライアントさんから頂きますので、今回は、Vimeoとは?ダウンロードと使い方と、メリット・デメリットをYouTubeと比較していきます。ついでに、私の使い分け方も事例も交えて解説をしていきたいと思います!

 

◆動画と一緒に見るとより理解が深まりますよ◆

参考URL

 

Vimeoとは?

 

Vimeoは、動画視聴サイトです。

最近、特に私のメルマガ読者さんからのお悩みの相談で、YouTubeアカウントが消されるという報告が多いです。YouTubeも価値の高いオリジナル動画の投稿を求めていますし、少々規約が厳しくなっていますからね。

そんな時は、私はVimeoを紹介しています。

最近まで、Vimeoも英語のサイトで若干使い辛かったのですが、最近になって、サイトも日本語になって見易く使い易いサイトになってきました。

彦坂盛秀彦坂盛秀

YouTubeに似た機能を多く持っていますが、VimeoとYouTubeにはそれぞれメリットとデメリットがありますのでまとめてみますね!

参考:Youtube基礎ノウハウまとめ

参考:Vimeo(ビメオ)

 

Vimeoのメリットとデメリットは?

Vimeoのメリット

・YouTubeと比べて動画が綺麗

・YouTubeの様に動画無いに広告がないので再生中に他にアクセスが流れない

・Wi-Fi環境がなくても動画が見れる

・動画自体にパスワードを掛ける事が出来る

・Vimeo内で動画の販売が出来る

・再生数が見れない様に設定出来る

・vimeoは商用利用が可能

・限定公開にしても特定のサイトだけに表示させる事が出来る

・動画のダウンロードを許可出来る

 

参考:Vimeo動画の再生数を非表示にする方法!アップロードから埋め込み設定まで!

参考:Vimeo(ビメオ)の動画を2倍速で見る方法!再生速度を上げるVimeo repeat & speed!

 

vimeoは商用利用が可能なので、有料教材はvimeoをベースに作る事が多いです。また、再生数を表示されない様に設定出来ますので、ブランディング的に再生数を表示したくない時はとてもおすすめです。

私の場合は、有料企画のマーケティングや有料教材などは、Vimeoをメインで使っていますね。

因みに、以前はセミナー動画とかをエックスサーバーにアップして渡していたのですが、動画の容量が多過ぎて、サーバーの容量がパンパンになってサーバーダウンしちゃったんです。

それからは、サーバーに動画をアップするのは辞めて、Vimeoにアップしてから渡す様にしています。これにより、サーバーの容量も節約できて、Vimeoでバックアップも取れるので一石二鳥です。

因みに、私がvimeoで気に入っているのが、限定公開にして特定のサイトだけに表示させる事が出来ます。つまり、表示させたいドメインをこちらで指定する事が出来るという事です。

 

私の場合は、有料で提供している動画は、私のサイトでしか表示されない様に、特定のドメインを指定しています。こうする事で、有料サービス購入者だけが見れる様にしているので。

また、「この動画のダウンロードを許可する」を「ON」にする事で、Vimeoにアクセスした人がが自由に動画をダウンロードするという設定も出来ます。

Vimeoのデメリット

・Basicの500MB/週までは無料で使えるが、それ以上になると有料になる

・YouTubeの様に集客力や拡散力がない

・動画の再生が重い

後、Youtubeはいつ削除されるか分らないので、バックアップをとっておいたり、リスクヘッジとしてVimeoにも動画をアップしておくというのもありだと思いますよ。

参考:Vimeo(ビメオ)

 

ちなみに、私は「Plus」という「5GB/週」の月々700円のプランを年払いで支払っています。

年払いの方が少しお得です。セミナー動画とか有料動画とかUPしていますが、1週間経つと5GBの容量が回復していますので、今の所、この一番安いプランで間に合っています。

容量の回復は、いつも週末前に回復しています。

動画ってサーバーにアップするとめちゃくちゃ容量を食いますので、やっぱり今の所vimeoががベターかと思います。

ただし、Youtubeと比べると動画の再生が重い印象です。Youtubeならサクサク見れるのに、Vimeoだとたまに止まっちゃうケースがあります。

 

Youtubeのメリットとデメリット

Youtubeのメリット

・集客力と拡散力が高い(YoutubeはGoogleの傘下なので検索エンジンでも上位表示し易い)

 関連動画からのアクセスUP
 おすすめ動画からのアクセスUP
 Youtubeの検索エンジンからのアクセスUP
 googleの検索エンジンからのアクセスUP

・TV離れが始まりYoutubeを見る時代

・5Gの時代突入によりユーザー数がUP

・収益パートナープログラムがある

・無料で使える

 

Youtubeはメリットばっかりです。集客力と拡散力が高いです。特に、関連動画やおすすめ動画からのアクセスアップの爆発力がとてもメリットが大きいです。他にも、Youtube検索エンジン、google検索エンジンからのアクセスUPもあるので、Youtubeはメリットばっかりです。

後は、YoutubeをTVで見る時代でもありますよね。私自身も、YoutubeをTVで試聴する事も少なくありません。私のTVは有機ELと高画質TVなのですが、ヒカキンなどの売れているYoutuberはそれを見越して、高画質でYoutubeをアップしてきますね!

また、5Gの時代に突入という事で、Youtubeが伸びまくっています。私自身のYoutubeチャンネルも、日に日に伸びている印象です。有益情報を日々、更新していますので、もしご興味あれば、色々と再生リストを見てみて下さい。

参考:彦坂のYoutubeチャンネル

 

ちなみに、Youtuberと言われる人達は、収益パートナープログラムに参加しています。つまり、Youtubeの広告収入で稼いでいるというのは、一般的には、収益パートナープログラムに参加して、アドセンス報酬を貰っているという意味です。

Youtubeチャンネルの収益化はこちらから行えます。

 

Youtubeが伸びている人は共通して、有料商品の販売も伸びていますね!特にオンラインサロンやオンラインサービスが売れまくっている印象です。

Youtubeの収益化は、莫大なアクセスが必要になるので、初期段階においては、独自商品やサービスを作って、販売していく方が収益化は高い印象です。

これだけメリットがあるのにも関わらず、無料で使えるなんてYoutubeは素晴らし過ぎますね!

YOUTUBEのデメリット

・規約が厳しいが故にアカウントの削除リスクがある

・限定公開にしてもリンクを人が拡散してしまえば見られてしまうリスクがある

・Youtubeに対するアクセスの販売は禁止

 

参考:Youtube基礎ノウハウまとめ

Youtubeは、規約が厳しいが故にアカント削除のリスクがありますね。一時期、スクロール動画や他人のコンテンツを使ったYoutubeは軒並みアカントが削除されたなんて事もありました。規約が厳しくなったのです。規約は厳しくなるものなので、正々堂々とYoutubeに参入する事をおすすめします。

また、Vimeoと違って、限定公開にしても動画URLを知っている人であれば、誰でも動画を見る事が出来てしまいます。Youtubeの限定公開はあまり意味がないので、基本的には公開すると良いですね!

あとは、大前提として、Youtubeは商用利用が不可という事を知っておいて下さい。

つまり、有料で販売した教材やオンラインコンテンツ、オンラインサロンで、Youtubeを限定公開して提供する事は禁止されているという事です。

実際に、YoutubeのアカウントがBANされて、有料教材の動画が一切見れなくなったという事例も聞いています。

 

vimeoとYoutube使い分け方を事例を交えて解説!

彦坂盛秀彦坂盛秀

vimeoとYoutube使い分け方を私の事例を交えて解説していきます!

私の事例で行くと、有料教材に関しては、全てvimeoにアップして提供しています。プランは、「Plus」という「5GB/週」の月々700円のプランで今の所、十分です。

後は、商品やサービスなどの販売を、「メルマガやLINE」と「動画」をプロモーションする場合は、Youtubeの限定公開ではなくてVimeoを使う事が多いです。

たまに、Vimeoの再生数が見えてしまっている方がいらっしゃいますが、ブランディング的にも再生数は非表示にされた方が良いです。下記記事で、再生数を非表示にする方法をまとめているので、良かったらチェックされてみて下さい。

参考:Vimeo動画の再生数を非表示にする方法!アップロードから埋め込み設定まで!

 

対して、Youtubeは無料で動画を提供する時に使っています。Youtubeは拡散力があるので、見込み客の集客装置として使っています。

最近だと、コンサル生へのグループコンサルをzoomで提供する事も多いので、こちらをの収録動画を編集して、vimeoにUPする事も多いです。

ご参考までに。

 

補足とまとめ

彦坂盛秀彦坂盛秀

Vimeoとは?ダウンロードと使い方!メリット・デメリットをYouTubeと比較!使い分け方を事例を交えて解説させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

VimeoもYoutubeも、あなたの用途に応じてVimeoとYoutubeを使い分けてみるのも良いですね!

ちなみに、VimeoやYoutubeだけの媒体だけに頼るのではなく、ブログ(WordPress)を絡めるとかなり集客力に効果が出てきます。

例えば、Youtube動画をあなたのブログ(WordPress)に詰め込んで、コンテンツを作り込んでいく事で、あなたのブログ(WordPress)は、パワーブログになっていきます。

つまり、ブログ(WordPress)自体が強いので記事を書けば、検索エンジンでも上位表示し易くなるという事です。こうする事で、Youtubeだけのアクセスだけではなく、Googleの検索エンジンからのアクセスも期待出来る様になります。

参考:WordPressの設定方法

 

「クライアントさんでVimeoを2倍速でみたい!」という声もあったのですが、Vimeoは2倍速で見る事が出来ます。詳しくは、下記記事にまとめましたので、ご興味あれば見てみて下さい。

参考:Vimeo(ビメオ)の動画を2倍速で見る方法!再生速度を上げるVimeo repeat & speed!

 

天使天使

 下記の無料オンラインサロンでは、動画マーケティングで多くの成功事例を公開しています。

続きは、無料オンラインサロンのリッチライフクリエイトサロンで!

 彦坂盛秀

気付きや感想をお気軽にどうぞ!(投稿時に「Facebookにも投稿」にチェックを入れてくれると嬉しいです!!)

コメント