こんにちは、彦坂です。wordpress

 

WordPressとは、ブログやサイトを作成する為の

ソフトウェアにです。

 

WordPressを使うには、

サーバーをレンタルドメイン取得して下さい。

 

そのドメインの中でWordPressを構築するというイメージです。

 

 

エックスサーバーならワンクリックで

ワードプレスが使える様になります。

 

WordPressの5つのメリットは?

・消されるリスクがなく規約に縛られる事もない

・SEO(検索エンジン最適化)に有利

・テーマテンプレートと豊富なプラグイン

・カスタマイズが簡単

・ブランディング効果が高い

 

消されるリスクがなく規約に縛られる事もない

アメブロやSeesaaブログと違って

自分のサーバー上で管理出来るので

規約もなくいきなり消されるというリスクが無くなります。

 

これにより、あなたの記事自体がコンテンツになり資産になります。

 

アメブロなどの無料ブログなんかは

規約の変更によって勝手に消されたりしますし

いきなりサービスが停止するなんて事もある訳です。

 

無料というのは、資産にならないので

長期的にビジネスをやっていくなら

WordPressを使うべきなのです。

 

ちなみに、ワードプレスは

サーバーをレンタルドメイン取得していれば

無料で使う事が出来ます。

 

エックスサーバーなら

ワンクリックでワードプレスを使えますよ。

 

SEO(検索エンジン最適化)に有利

SEOとは検索エンジン最適化の事で

GoogleやYahoo!などの検索で上位に表示する為の技術の事です。

 

Googleも正式にワードプレスはSEOに強いと公認していますし

Yahoo!はGoogleのアルゴリズムの上でなりたっていますので

ワードプレスを制す事は検索エンジンを制す事にも繋がるのです。

 

2015-04-16_061554

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですので、長期的にしっかりとビジネスを展開していくなら

迷わずワードプレスを使う事をオススメします。

 

現在、ほとんどの起業がワードプレスで

ホームページを作成しているのです。

 

テーマテンプレートと豊富なプラグイン

テーマテンプレートとは、ワードプレスで作った

ブログやサイトのデザインのテンプレートの事です。

 

既に、デフォルトで幾つか用意されていますのでそれを使ってもいいですし、

SEOに強くカスタマイズが豊富なテンプレートも有料で販売されていますので

それを使ってもいいですね。

 

私の場合は『賢威』というテンプレートを使っています。

▶ SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」。レスポンシブWebデザインにも対応!

 

かなりSEOに強く、便利なカスタマイズ機能も沢山ついてます。

 

さらに、常にアップデートを繰り返してくれるので

長期的にビジネスをやっていくのであれば

初期の段階からいきなり導入するのがベストでしょう。

 

導入方法は動画解説されていますし、サポートもあるので

多くの起業家さんから支持されている最強のテンプレートです。

 

個人的には、投稿ページ別にカラム数を選ぶ事が出来るのが

便利だと思っています。

 

1カラムでセールスページみたい作成する事も出来ますからね!

 

お試しあれ!

 

カスタマイズが簡単

ワードプレスのカスタマイズは本当に簡単です。

 

私もテンプレート導入から使いこなすまで

2日間位である程度マスターしちゃいました。

 

HTMLやCSS、PHPの知識はなくても

日本語の文字を打ち込むだけで記事を書いたりする事が出来ます。

 

ブランディング効果が高い

 ホームページは、言わば名刺の様なものです。

 

この名刺がアメブロとかであれば

その企業のイメージはかなり微妙な訳です。

 

そんな会社見たことないですよね?

 

やはり、独自のサイトを作るべきですし

ブランディングにも繋がる訳です。

 

信頼感を高めるのであれば

間違いなくワードプレスを使うべきなのです。

 

 初心者が絶対に入れておきたいプラグイン

Akismet

スパムコメントを避けてくれます。

TinyMCE Advanced

 記事の文字のサイズを変更したり、太字にしたり、

色を付けたりとワンクリックで出来る様になります。

All in One SEO Pack

ワードプレスのSEO設定とサーシャルメディア拡散の為の重要なプラグインです。

※賢威のテンプレートを入れていれば不要ですよ。

WP Social Bookmarking Light

ソーシャルボタンを簡単に導入する事が出来ます。

 

彦坂盛秀