彦坂盛秀

こんにちは、彦坂盛秀です。

≫彦坂盛秀のプロフィール


YouTube

「YouTube動画集客で濃いメルマガ読者集客を効果的に獲得する2つの方法」を知りたいですか?

 

私の様にメルマガを使って、DRMを展開して、効果的にマネタイズする為には、豊かな集客、つまりメルマガリストの獲得が重要になります。

 

初期段階において濃いメルマガ読者さんを獲得するには、無料レポートが効率的ですが、無料レポートと並行して取り組むべきなのが、ずばり、YouTubeです。

 

YouTubeは、メルマガ読者さんを効果的に獲得する為には、最初に取り組むべきWeb媒体になります。

 

YouTubeを使ってメルマガリストを大量に獲得している2つの方法

私がコンサルをしているクライアントさんに、YouTubeを取り組ませたところ、僅か1ヶ月でメルマガ読者さんを、大量に獲得し始める結果となりました。完全に思惑通りです。

 

では、YouTubeを使って、どの様に濃いメルマガリストを獲得させているのか

ここでは2つの方法を紹介致しましょう。

①YouTube動画をブログ記事に埋め込んでYouTubeからアクセスを呼び込む

YouTube動画をブログ記事に埋め込んで記事を書く事で、ブログへの滞在時間が伸び、ブログが強くなっていきます。

さらに、YouTube動画に、アノテーション設定を施してブログに飛ばす仕掛けをしておく事で

YouTubeからブログにアクセスを呼び込む事が出来る様になりました。

そして、ブログにメルマガを登録する仕掛けをしておけば、スムーズに濃いメルマガ読者さんを獲得する事が出来る様になります。つまり、あなたの動画を見てファンになって貰った状態でメルマガ読者さんになって頂ける訳です。

こういった濃いメルマガ読者さんの集客が可能になれば、あなたが発信するメルマガの精読率は高まり自然と売上も高くなっていく事でしょう。

私のクライアントさんは、この手法により濃い読者さんを獲得出来る様になりました。

ついでに、チャンネル登録のアノテーションを設定する事で順調にチャンネル登録数も増やしています。

チャンネル登録数が目に見えて増えていくのも、いいモチベーションになっている様ですね。

 

さらに、YouTubeはGoogleの傘下ですので、SEO的にも強いです。

YouTube単体はもちろん、YouTubeを埋め込んだブログ記事も上位表示が期待出来、Googleの検索エンジンからもアクセスを呼び込み、メルマガ読者さんを獲得する事が出来る様になるのです。

 

②YouTube動画を使って無料レポートを作成する

クライアントさんには、可能であれば、YouTube動画を使って無料レポートを作成する事を推奨しています。では、なぜYouTubeで無料レポートを作成する事を推奨しているのか?

 

その理由は3つです。

 

・YouTube動画は簡単に作れるので無料レポートが量産出来効率出来だから

・YouTubeからもアクセスを集めてメルマガリストを獲得出来るから

・動画の方がコンテンツに価値を感じて貰い易いから

 

これらの理由から、積極的にYouTubeを利用する事で、豊かな集客に恵まれ易いのです。

ですから、無料レポートを作る場合は、YouTubeを使った無料レポートを作ると一石二鳥で効果的なのです。

参考:無料レポートの魅力的な作成方法まとめ!

 

 

まとめ

「YouTube動画集客で濃いメルマガ読者を効果的に獲得する2つの方法」について、解説させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

 

①YouTube動画をブログ記事に埋め込んでYouTubeからアクセスを呼び込む

②YouTube動画を使って無料レポートを作成する

 

メルマガ読者さんの集客においてYouTubeは無料レポートと並行して取り組むべきSNSという事です。Twitterやアメブロをついついやってしまいがちですが、それらは、しっかり売れる仕組みを作って、無料レポートもYouTubeもWordPressからも、メルマガを獲得出来る様になってから取り組めばOKです。

他にも沢山のメルマガ読者さんを集客するコツをノウハウ化してまとめていますので、良かったら下記の記事をご覧下さい。

メルマガ読者を毎日30人集客する方法!見込み客リストを増やすコツまとめ!

 

クライアントが実践しているマニュアルが無料?

ここでご紹介したクライアントさん達が実践してるノウハウが詰まった動画160本超、総再生時間1300分以上で構成されている『メルマガアフィリエイトの教科書のメルザップ(MAILZAP)』を無料プレゼントします。

早速、実践されてみて下さい。

 

それでは!

 

彦坂盛秀

気付きや感想をお気軽にどうぞ!(投稿時に「Facebookにも投稿」にチェックを入れてくれると嬉しいです!!)

コメント