彦坂盛秀

こんにちは、彦坂です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

最近、何かと話題なのが仮想通貨(暗号通貨)ですね!私はコツコツタイプですので、あんまり投機的なものは好きではないのですが、時代性的に全てのものがデータ化されてきている以上、お金も今後、データ化されて必然かなと思っています。

 

仮想通貨(暗号通貨)の今後の未来については、下記の記事で詳しく語っています。

フィンテック(Fintech)とは?暗号通貨・仮想通貨と税金は?今後の未来はどうなる?

 

コインチェックの口座開設登録方法

という事で、仮想通貨(暗号通貨)の口座を幾つか開設したので、今回はコインチェックの口座開設登録方法についてお話していきます。

 

まずは、下記からコインチェックの新規登録画面に移動して下さい。

コインチェック新規登録画面

 

①フォームにメールアドレスとお好きなパスワードを入力して「登録」を押して下さい。

②メールアドレスにログインURLが送られてくるのでクリックして下さい。

③携帯番号を入力して下さい。

④携帯のメッセンジャーに送られてきた英数字を入力して下さい。

 

詳しくは上記の動画を見て下さい。

 

本人確認できない対策

次に本人確認出来ない時の対策です。私自身、本人確認を何回も何回も再提出したので、めちゃくちゃ詳しくなりました(笑)

 

折角なのでわかりやすくシェアしますね。

運転免許証(裏面もご提出ください)

運転免許証は裏面も提出する必要があります。もちろん裏面に何も書いて無くても提出して下さい。写メールで写真を取って添付するだけでも大丈夫です。

パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)

パスポートも顔写真のページと住所のページを提出して下さい。住所が書いていない場合は書いて下さい。写メールで大丈夫です。

パスポートの住所の書き方

マイナンバー個人番号カード(裏面の画像はアップロードしないでください

マイナンバー個人番号カードで大丈夫です。ただし、裏面の画像はアップロードしないで下さい。

IDセルフィー(提出書類とご本人が一緒に写っている写真)

これだけでは、本人確認は出来ないです。

 

必ず提出書類と本人が一緒に写っている写真が必要です。

右の様な写真ですね。

 

1枚あれば大丈夫です。

 

法人で登録される場合

あなたが法人を持ってらっしゃるのであれば、税制面的且つ個人的には法人で口座を持ったほうが良いでしょう。仮想通貨(暗号通貨)は分離課税です。税金の件は税理士に色々と聞いていますのでまた、別の記事で詳しく書きますね。

法人名義の口座通帳で、法人名義及び口座番号表記のある面の写し

法人名義の口座通帳で、法人名義及び口座番号表記のある面の写しが必要です。こちらは、表紙と口座番号が書いてあるページを提出しました。写メールで大丈夫です。

発行から6ヶ月以内の登記簿謄本等の写し

発行から6ヶ月以内の登記簿謄本等の写しが必要です。管轄の法務局に行って履歴事項証明書を取って来れば大丈夫です。最近ではネットでも取れるみたいですが、色々と面倒なので取りに行った方が早かったです。写メールで大丈夫です。

 

後は、個人で提出する書類と一緒ですね。

 

口座開設にどれ位時間が掛かるの?

上記の本人確認の審査が通れば、2,3日で簡易書留で、確認のハガキが届きます。これを受け取って口座開設完了です。

 

口座開設完了したら、その旨のメールが届きます。合計で1週間もあれば口座が解説出来るでしょう。後は、コインチェックのチャートで相場を見ながら、お金を仮想通貨(暗号通貨)に変えておけば大丈夫ですね。

 

大事なのは、とりあえず、口座を開設しておくという事ですね。コインを買いたい時に買えないのは致命的ですからね。

コインチェック新規登録画面

 

最後に

仮想通貨(暗号通貨)は、あなたの人生の中でどれ位エネルギーを掛けたいかにもよりますが、個人的にはほとんどエネルギーが持ってかれない程度に留めて置くのがよいと思います。

 

個人的にはポートフォリオ、つまり全資産の25分の1以下に押さえておけばいいかなっというイメージです。これ位ならほとんどエネルギーを持っていかれずに、本業に専念出来ます。

 

あなたの生き方の中で、どれ位エネルギーを掛けられるか?情熱を持てるかでエネルギー配分をするといいですね。そしたら、お金なんかに人生を振り回されない生き方が出来る様になります。

 

その為にも、まずは自分のビジネスで毎月、毎年、5年、10年スパンでキャッシュフローを豊かにする事が大事ですね。

 

お陰様で、キャッシュフローを豊かにして、お金に振り回されないリッチな人生を手に入れた仲間が続出しています。まずは下記のリッチライフクリエイト講座7Daysに参加してみて下さい。

 

続きは、リッチライフクリエイト講座7Daysで!

 

彦坂盛秀

 

気付きや感想をお気軽にどうぞ!(投稿時に「Facebookにも投稿」にチェックを入れてくれると嬉しいです!!)

コメント