▶『メルマガアフィリエイトの教科書のメルザップ(MAILZAP)』

彦坂盛秀

こんにちは、彦坂盛秀です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

7つの習慣の第1の習慣の「主体性を発揮する」とはどういった事なのか?

7つの習慣の第1の習慣の「主体性を発揮する」とはどういった事なのか?

 

それは、自分の行動に責任を持ち、影響力を与える側に立てという事です。

 

世の中には、主体的な人間と反応的的な人間の2種類がいて

主体的な人間は、情報発信し影響力を与える側の人間に対して、

反応的な人間は情報を受信して影響される側の人間となります。

 

一昔前は、テレビやラジオや新聞なのど、一部の既得権益者しか

影響力のある情報を発信する事が出来ませんでしたが、

最近ではインターネットやスマホの普及によって誰でも

影響力のあるメディアを持つ事が出来、情報を発信する事が出来る様になりました。

 

最近では、ネットやスマホの普及もあって、テレビ業界もまだまだ影響力が強いとは言え、

不人気感も否めないですね。

 

主体的であるとはどういう事なのか?

主体的であるとは、自分の行動に責任を持って

情報を発信して影響力を持つという事です。

 

これからは、個人が影響力のあるメディアを作って、

主体的に情報を発信していく時代なのです。

 

簡単に出来る媒体としては、facebookやtwitterなどは

既にあなたもやっているかもしれませんね!

 

インスタグラムかんかも最近では有名になって来ました。

 

アメブロなどのブログもいいですね!

 

これらのSNSというメディアは既にたくさんの人が集まっているので

沢山の読者やフォロワーを増やして影響力を持つ事が出来る様になります。

 

また、WordPressを使ったブログは必須でやって欲しいですね。

 

あなたが見ているこのブログもWordPressです。

 

WordPressはGoogleが発表している様に

検索エンジンで上位表示し易いブログとされていますね!

 

企業のHPなんかは、ほぼWordPressで作られています。

 

WordPressは自分のサーバー上でブログを運営出来ますので

メインの集客媒体として使うといいでしょう。

 

さらに、YOUTUBEはかなり影響力を持つ事が出来ます。

▶ YOUTUBEのまとめ記事

 

前者のSNSに比べ、情報を発信する側は少し敷居が上がりますので

動画を投稿するだけで簡単に影響力を持つ事が出来る様になります。

 

しかも、YOUTUBEは1ヶ月で10億人位上のユーザーがいますので

影響力をもたらすには非常に効果が高い媒体になります。

 

作成してYOUTUBE動画を、facebook、twitter、インスタグラム、アメブロ、

WordPressなんかで、同時投稿する事で動画を拡散する事も出来ますね!

 

アクセスをYOUTUBEや検索エンジンだけではなく

いろんな媒体から総合的に集めると効果的ですよ。

 

開かれた主体的媒体と閉ざされた主体的媒体

facebook、twitter、アメブロ、YOUTUBE、インスタグラム、WordPressが

開かれた媒体と言われています。

 

開かれた媒体というのは、多くの人の目に触れ易い状態の事で

誰でも閲覧でき、集客力があります。

 

反対に閉ざされた媒体を使って、さらに濃い情報発信をしていくと効果的です。

 

閉ざされた媒体というのは、メルマガやLINE@、Skype、チャットワークの様に

登録しないと情報を受け取る事が出来ないメディアですね!

 

特徴としては、読者さんが購読を承諾していてるので

よりクローズドで言いたい事が言える最高の媒体という事です。

 

というのも、開かれた媒体というのは、自分のファンでもなく

誰でも閲覧する事が出来るので叩かれたり誹謗中傷してくる様な輩もしますが

メディアをメルマガやLINE@の様に、自分のファンだったり

自分の情報を付け取りたいという人しか登録してきませんので

本当に言いたい事や沢山の人知られたく無い事をこっそりと

情報シェアする事が出来るのです。

 

こうする事で、とても濃いメディア運営をする事が出来ます。

 

もちろん、メルマガやLINE@から、

WordPressなどの開かれた媒体に強制的にアクセスを流す事が出来ます。

 

アクセスを自由自在に操れるのも、メルマガやLINE@の様な

閉ざされた媒体の特徴ですね。

 

ちなみに、私の場合、更に濃いメディアとして

Skypeグループを使っています。

 

Skypeグループでは、メルマガ読者さんでも

さらに濃い階層メンバーに用意したりしています。

 

さらに、濃い階層メンバーとは、お食事会を開いたり

リアルな付き合いなんかもしています。

 

こうやって、影響力のあるメディアを作ったら

オープンメディアとコアメディアを作るといいですね!

 

こうする事で、非常に主体的で影響力のあるメディアを作る事が出来る様になります。

 

反応的であるとはどういう事なのか?

一方、反応的であるとはどういう事なのか?

 

それは、他人の情報に振り回され、影響される側の人間という事です。

 

例えば、天気が悪いだけで、気分が乗らなかったり

テレビの情報で、●●がいいと紹介されればすぐに飛びついたりする事ですね!

 

これが反応的な人の特徴です。

 

最近あった例としては、自分が働いていた会社が倒産した位で

右往左往しているという状態です。

 

まー、普通のリアクションかもしれませんが、

反応的な人は、これをプラスに捉えて自分のビジネスに注力したり

面白いネタとして影響力のあるメディアで情報発信したりする事が出来ます。

 

もちろん、会社が倒産したという事だけではなく、

 

・会社が倒産してどう思ったのか?

・反省点は?

・今後何をしていくのか?

 

など、自分の意見を主体的に発信出来なければいけません。

 

これが影響力です。

 

会社が倒産した位で反応的に右往左往するのか?

それとも、主体的に情報を発信して影響力を与える側になるのか?

 

こらが重要という事です。

 

主体的な人間はお金持ちになり、反応的な人間は貧乏になる!?

極端な話、主体的な人間はお金持ちになり、反応的な人間は貧乏になります。

 

どういう事なのか?

 

テレビ局、芸能人、ミュージシャン、サッカー選手、ユーチューバーなどは

メディアを通して情報を発信し、大きな影響を与えています。

 

そして、その対価として沢山のお金を貰っていますね!

 

つまり、沢山の人にメディアを通して情報を発信すれば

沢山のお金を貰う事が出来るのです。

 

ただ、影響力のある情報を、既存のメディアを上手く利用して

情報を発信していくだけです。

 

もちろん、細かいキャッシュポイントを整える必要がありますが

これもインターネットのインフラが整った事で簡単に出来る様になりました。

 

つまり、情報を発信する側は、お金持ちになり易いのです。

 

一方、情報を受けとる側はお金を払う側になりますね。

 

ですから、お金持ち側に回る事が出来ない訳です。

 

例えば、テレビやYOUTUBEであればCMに反応的になって何かを購入したり、

ミュージシャンのCDやライブチケットを買ったり、

サッカーの試合を観に行くかもしれません。

 

反応的な方はどうしてもお金を払う側に周ってしまうのです。

 

つまり、主体的で情報を発信する側はお金持ちになり

反応的で情報を受け取る側はお金を払う側になるという事です。

 

どっちに周る方がお得か、このブログを見ている賢いあなたなら

直感的に分ったのではないでしょうか?

 

質の高い情報のインプットと圧倒的なアウトプットが重要

とは言っても、何もない人間がいきなり主体的になれ!

影響力のある情報を発信しろ!

って言っても無理な話です。

 

ですから、まずは質の高い情報をインプットしましょう!

 

ここで重要なのが、決してショボい情報をインプットするな!!

という事です。

 

そもそも1日は24時間しかありませんせんし

人生も短いですので質の低い情報をインプットするだけで

反応的になってしまう材料を増やしてしまう事になりますし

時間の無駄になってしまいます。

 

反応的にならない為にも、質の高い情報を絞るという事が重要ですね。

 

書籍なんかがいいでしょう。

 

「7つの習慣」は素晴らしい書籍ですので、読んでおきましょう。

 

後は、e-Bookなどの電子書籍もいいですね!

 

 

先日、過去4万作品以上あるe-Bookの中の頂点を決めるイベントがあったのですが

そのe-Book大賞で見事1位の『最優秀賞』を獲得したe-Bookがあります。

 

動画160本超、総再生時間1300分以上で構成されている

『メルマガアフィリエイトの教科書のメルザップ(MAILZAP)』です。

 

こちらは、私の作品ですが、これまでお話してきた

初心者が影響力を持つ情報発信をする為のノウハウが

ふんだんに盛り込まれています。

 

無料ですので、是非手にいれてアウトプットしてみて下さい。

 

インプットしたら、早速アウトプットする事が主体的になる秘訣です。

▶ 『メルマガアフィリエイトの教科書のメルザップ(MAILZAP)』

 

それでは!

 

彦坂盛秀