返信

 

彦坂盛秀

こんにちは、彦坂盛秀です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

今日は、簡単に好意を持たれる

ビジネスマナーについてお話しますね!

 

お陰さまで、今では毎日の様に

メルマガの返信を頂ける様になったのですが、

2種類の人間がいます。

 

それが、「返信下さい」というタイプの人間と

「返信不要」というタイプの人間です。

 

あなたがもし、メルマガやブログで情報発信をしているとして

どっちの返信を貰った方が好意を持ちますか?

 

「返信下さい!」は不愉快!

ビジネス意識の高いあなたなら、お察しの通り

「返信下さい!」は、かなり不快感を覚えます。

 

結構、いるんですよね。

 

このタイプ。。

 

しかも、自分では何の悪気も持ってないのがかなりイタイです。。

 

もちろん、私のクライアントさんなら、問題ないと思うのですが

何の利害関係もない人からいきなり「返信下さい!」みたいな自分の事しか考えてないメールは

不愉快だし、正直返信したくないですね。

 

私だってメールの返信をするだけでも時間や労力が掛かる訳です。

 

「返信下さい!」は、それを強要する行為だと気が付きべきですね。

 

当然、人によって時給が違う訳ですし、

相手に出来るだけ無駄な時間を取らせない様にするのが

最低限のビジネスマナーだったりします。

 

私のメルマガの場合、メルマガの内容に関係ない人には

敢えて開かせない様なタイトルにしていたり、

ブログにアップしている動画だって、極力無駄な時間をとらせない様に作っています。

 

意外と編集に時間掛かっていたりするんですよ?(笑

 

読者さんに出来るだけ無駄な時間を使わせない様に配慮している訳です。

 

これが相手に対しての思いやりだと思いますし、

これが出来なければなかなかビジネスでも芽が出ないでしょう。

 

「返信不要です」タイプは好感が持てる!

私が仲良くしてさせて頂いている起業家さんがいるのですが

彼とはよくSkypeチャットをします。

 

彼はよく、この「返信不要です」を使っていますね。

 

これだけで、非常に好感が持てます。

 

逆に何か恩返ししたいとすら思います。

 

彼が意図的に使っているかは分かりませんが。。

 

 

ビジネス用語で信頼残高という言葉があるのですが

まさに、この信頼残高が一気に貯まります。

 

Skype音声をする時でも、

最初にいつも「お世話になっています!」から始まりますからね。

 

「親しき中にも礼儀あり」とは、まさにこの事ですね!

 

もしあなたが、メルマガに返信をする機会があれば、

是非、最後に「返信は不要です!」と書いてみて下さい。

 

それだけで、メルマガ発行者さんから一目を置かれる存在になりますよ。

 

ああ、もちろん見返りは求めない様にして下さいね!

 

以上、最近気がついた事で

重要な事だと思ったのでシェアしておきます。

 

このブログを読んている意識の高いあなたは

もちろん大丈夫だと思いますが、もし今までやってしまっていたら

是非、参考にして頂ければ嬉しいです。

 

もちろん、自分への戒めの意味も含めてです(笑

 

それでは!

 

 

彦坂盛秀