彦坂盛秀

こんにちは、彦坂です。

≫彦坂盛秀のプロフィール

オンラインで集客をするならLINE公式アカウントを使うのは必須ですし、今や常識です。私もメルマガ読者さんの集客と同時にLINE公式アカウントの読者さんの集客も力を入れています。

「このアカウントでは一部の機能が利用できません。」の表示はアカバン

そんなある日、サブで持っていたLINE公式アカウントの管理画面を覗いてみると、「このアカウントでは一部の機能が利用できません。」といった表示になっていまいした。

 

「このアカウントでは一部の機能が利用できません。」を見たときは、ゾッとしました。まさかと思い色々としらべてみると、LINE公式アカウントの削除だとわかりました。

アカウントBANG、つまりアカバンです。

 

もうこのアカウントでは、LINEの配信をすることができないということです。有効友だち数が2031人が、一瞬で吹っ飛んだということになります。

因みに、LINE公式アカウントが削除されれば、復活させることはできません。

 

「このアカウントでは一部の機能が利用できません。」の原因

では、「このアカウントでは一部の機能が利用できません。」の原因は何だったのかを、検証していきましょう。

 

私は現在3つのLINE公式アカウントを運用しております。リスクヘッジとして3つのLINE公式アカウントを運用しているのです。

そのうち1つはLステップというツールを入れて配信、残りの2つのアカウントはツールを入れずに配信して運用していました。

 

アカバンになる前日に、この3つから全く同じLINEを配信していました。配信内容は特に過激な配信でもなかったのです。

にも関わらず、3つのLINE公式アカウントのうち1つのサブアカウントだけが、アカバンになってしまったということは、考えられる理由は1つです。

垢バンになったアカウントは、「いつも同じURLを繰り返し配信していた。」ということです。

そうなんです。LINE公式アカウントは、いつも同じURLを繰り返し配信すると、アカウント削除の対象になってしまうのです。

 

LINE公式アカウント削除の原因

LINE公式アカウント削除の原因は、以下の3つです。

(1)当社に対し、虚偽の情報を提供したとき
(2)当社所定の審査基準(なお、当社はかかる審査基準を開示する義務を負いません。)を満たさないとき
(3)その他、LINE公式アカウントをご利用いただくことが適当でないとき

参照:LINE公式アカウント規約引用

(1)当社に対し、虚偽の情報を提供したとき

「(1)当社に対し、虚偽の情報を提供したとき」に関しては、言うまでもありませんね。
特にLINE公式アカウントを作成する時に、虚偽の情報を入力するのはやめましょう。

(2)当社所定の審査基準(なお、当社はかかる審査基準を開示する義務を負いません。)を満たさないとき

「(2)当社所定の審査基準(なお、当社はかかる審査基準を開示する義務を負いません。)を満たさないとき」に関しては、具体的な審査基準は公表されていません。
しかしながら、以下の禁止事項に違反する様なことがあれば、当然にアカウント削除対象になるでしょう。
結構、分かり辛いですね。簡単に言えば、トラブルになり易い配信は禁止事項ということです。

他にもLINE公式アカウントが削除になった事例をこちらに掲載しておきますね。

 

・アフィリエイト行為

・「稼ぐ」「儲かる」などのワード

・「物販」「転売」というワード

・投資系ワード

・同じURLを繰り返し使う

・情報商材系

・ギャンブル系

・風俗系

・出会い系

・「〇〇するだけ」等のワード

・ねずみ講、マルチ商法・MLM、ネットワークビジネス系

・クレジットカード現金化

 

と、こんなところでしょうか。

 

他にも、あるので下記のLINE公式アカウントガイドラインをご参照ください。

参照:LINE公式アカウントガイドライン

(3)その他、LINE公式アカウントをご利用いただくことが適当でないとき

「(3)その他、LINE公式アカウントをご利用いただくことが適当でないとき」とありますが、こちらも抽象度が高いですね。
 
こちらも、目視でLINE公式アカウントの利用が適当じゃないと判断されれば、アカウント削除対象ということです。
 
 

LINE公式アカウント削除されない対処法は?

では、LINE公式アカウント削除されない対処法はあるのでしょうか?
 
本質的なことを言ってしまえば、LINE公式アカウント社の規約とガイドラインに遵守するということです。
 
その上で効果的な対象方法としては、Lステップを入れて配信するということです。普通にLINE公式アカウントで配信するのではなく、LINE公式アカウントにLステップというツールを入れると、アカウント削除のリスクを大きく抑えることができます。
 
Lステップの場合、botモードで運用していきますので、LINE公式アカウント読者さんのリアクションに対しての自動配信に長けています。
 
運営者の積極的な配信ではなく、LINE公式アカウント読者さんのリアクションに対しての自動配信になるので、アカウント削除のリスクが少なくなるのです。
 
更には、配信するURLもLステップがLINE公式アカウントの読者さんごとに、自動で変換してくれるので、これもアカウント削除のリスクが少なくなりますね。
 
現に私も、3つのLINE公式アカウントに対して、同じメッセージを送ったにも関わらず、Lステップを導入したLINE公式アカウントは、削除されずに生き残っています。
 
もちろん、規約やガイドラインに違反すれば、アカウント削除されてますが、極めてリスクを低くすることができます。
  
 

まとめ

彦坂盛秀彦坂盛秀

このアカウントでは一部の機能が利用できません。LINE公式アカウント削除を実行済みの原因と対処法は?」について、分かりやすく解説させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

せっかく、頑張ってLINE公式アカウントを集客したのに、思わぬ事故でアカウント削除なんてことにならない様に、最初っからLステップを導入することをおすすめしますよ。

最初っからスタンダードプランがおすすめです。

Lステップの7大特典!LINEステップの自動集客ノウハウを大公開!

  
天使天使

下記の無料オンラインサロンでは、動画を使ったマーケティングや動画講座作成方法が学べ、実践的なスキルアップが出来ます。

お陰様で、これまで100社以上の成功事例を輩出しています。現在、期間限定で無料講座と教科書をプレゼントしています。良かったら参加されてみて下さい。

続きは、大人のマーケティング大学サロンで

気付きや感想をお気軽にどうぞ!(投稿時に「Facebookにも投稿」にチェックを入れてくれると嬉しいです!!)

コメント