hayaku-aitakatta


       


QUESTフォーミュラで興奮させ訴求率を高める方法


こんにちは、彦坂です。gatag-00001090

 

QUESTフォーミュラを

ご存じですか?

 

QUESTフォーミュラは

セールスレターでよく使われる教育からセールスまでの流れを

スムーズに行う為のマーケティングの流れです。

 

 

もちろん、ステップメールやメルマガの文章も

この流れを踏むことで飛躍的に訴求率を高める事が出来ます。

 

「なかなか上手く 

 教育からセールスまでの流れが作れない!」

 

って場合は、是非、取り入れてみてください。

 

 

 

1.Qualify(宣言)

Qualifyでは、ターゲットに対して「あなたの悩みを解決するのは、この私です」と宣言し、解決を約束します。

 

2.Understand(理解・共感)

Understandは理解・共感の部分です。
あなたの悩みを理解して共感していますということを読み手に伝える部分で、
よく使われる手法としては「昔は私も○○でした・・・」というようなストーリーを入れたりします。

 

3.Educate(教育)

Educateは教育です。自分の商品やサービスはどれだけ素晴らしいものなのかをアピールします。

 

4.Stimulate(興奮)

Stimulateは、読み手を興奮させる段階です。
あなたの商品やサービスの良さを理解した読み手に対して、この商品を手に入れたらこんなに素晴らしい世界が待っています!という想像をさせ、欲求を煽って興奮させます。

 

5.Transition(行動)

最後にTransitionです。
ここでは実際の行動を言葉で促します。

以上が、Questフォーミュラの型になります。

理解・共感は最大の信頼感を生みます。

 

いかにに共感し現実感を高めて貰うかが鍵になります。

 

 

お試しあれ!

 

 

彦坂盛秀


hayaku-aitakatta

   




この記事を「知らないよりは知っていた方がいいだろう!」「為になった!!」
「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」
「はてなブックマーク」「ポチ」「LINE登録」「メルマガ登録」をお願いします↓

友だち追加

 

メルマガを使った情報発信を開始する際のおすすめのコンテンツ

copy

attract-customers-summary

YouTube

tool-soft writing-mail free-report

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ